読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just right!

ミニマル&シンプルを目指してちょうど好い加減探し

ビールにピッタリ!おつまみにもおかずにも。癖になる味付け

日々の暮らし 日々の暮らし-食

スポンサーリンク

おはようございます。

美味しそうだったので作ってみたところ、大ヒット。
子どもも野菜をたくさん食べてくれたので我が家の定番味付けに仲間入り(予定)!
おつまみにもおかずにも癖になるおいしさだったので紹介します。

ちなみに材料は冷蔵庫の残り物を使用しているのでこんつまさんのレシピから味付けを参考にさせていただきました。

鶏胸肉と野菜のマヨ粒マスタード炒め

材料

鶏胸肉1枚 
ごま油 大1
塩一つまみ
片栗粉(大1~1と1/2)
人参(小)1本 
玉ねぎ(小)1個 
豆苗一袋

鶏ガラスープ(顆粒)小1
マヨネーズ 大1 
大1粒マスタード 小1
こんつまさんレシピより

作り方

  1. 鶏胸肉を一口大のそぎ切りにし、塩とごま油を揉み混んで片栗粉をまぶす。(これで鶏胸肉がしっとりパサつかずに食べられます)
  2. 人参は短冊切り、玉ねぎは繊維に沿って1cm幅の薄切りに、豆苗は3cm程度にカット。
  3. フライパンに油(分量外)を熱し、人参、玉ねぎを炒める。
  4. 全体的に油が回ったら端に寄せて鶏肉を並べ弱火から弱中火で火が通るまで焼く。(野菜の歯ごたえを残したい場合は野菜を一旦取り出し肉に火が通ったら戻しいれる)
  5. 鶏ガラスープの素、マヨネーズ、粒マスタードを入れ、混ぜる。
  6. 豆苗を入れ、しんなりしたら完成!

完成&実食

f:id:akisan01:20161201010731j:image

マヨネーズのこってり感と粒マスタードの酸味がちょうどよく、子どもも喜んで食べていました。
大人はビールのつまみに、子どもにはごはんのおかずにピッタリです。

主菜、副菜どちらでも使える味付け

こんつまさんのレシピで作ろうと思い、粒マスタードは買って帰りましたが、肝心のキャベツは冷蔵庫には無く、残っていた野菜と肉を使いました。
野菜だけなら副菜として、お肉を入れてボリュームアップすれば主菜として、どちらでも使えそうな味付けです。
お酒も箸も進みました(^^)

おわりに

野菜は(おそらくですが)水分の少ない種類のほうがおいしくできそう。
ジャガイモなんかも合いそうな味付けです。
家にあるものですぐできて簡単おいしいのでよろしければお試しください。

最後になりましたが、こんつまさん、おいしいレシピをありがとうございました。
こんつまさんのブログはこちらです。

newfaceminimal.hateblo.jp